神奈川の薬剤師高収入求人

薬剤師高収入求人TOP >> 地域別 >> 神奈川の薬剤師高収入求人

神奈川の薬剤師高収入求人

厚生労働省の報告によると、平成24年の時点で神奈川県に在籍する薬剤師の数は2万212人、全国では東京、大阪に次いで第3位の薬剤師人口ということになりますが、神奈川県の総人口に対する割合で言うと10万人あたり151.1人と全国平均値程度。第一位の東京から見ると圧倒的に薬剤師の人数が少ない為、求人を見つけることは比較的簡単ということができます。実際非公開のものも合わせると神奈川県における薬剤師の求人数は約3000件以上と言われており、中でも最も多いのが全体の約60%を占める薬局、次いで16%が病院、その他医療関係が14%となっています。

また市別に見てみると人口10万人あたりの薬剤師数が最も多いのが187人/10万人の横浜市、次いで190人/10万人の川崎市、そして214人/10万人の相模原市となっており、同じ神奈川県でも横浜市と相模原市では競争率の違いにより、相模原市の方が有利であることが分かります。単に求人数が足りているというだけでなく、提示される雇用条件や収入にも違いがでてきますから、高収入を望むのであれば、横浜市より相模原市で探す方が良いでしょう。

しかし横浜市に限定したからといって転職先が見つからないというわけではありません。横浜市では特に調剤薬局やドラッグストアの求人をしばしば見かけることがあります。横浜を拠点にチェーン展開している調剤薬局もあり、そこでは随時薬剤師を求人し実績や能力に伴って昇給させていく方針を取っているため、自分のスキルや経験に自信のある人はこちらへ転職すると高収入が期待できます。

ところが神奈川県内の病院勤務と限定して見てみると、実はその数が非常に少ないことに気づかれるかもしれません。実は神奈川県は東京に次ぐ日本第2位の人口数でありながら、その人口に対する病院の割合は全国で最下位となっており、病院自体が不足気味という現状故に、病院や診療所に勤務する割合が関東圏の中でも最も低い都市となっているのです。また薬剤師を育てる薬学部も、唯一横浜薬科大学のみとなっています。

このように、薬剤師の勤務先自体は不足していない状況であるとはいえ、病院より薬局、横浜市より相模原市や横須賀市などといった偏りがあるのが神奈川県の特徴。この偏りに合わせて求人を探すなら簡単に見つけることができますが、例えば「横浜市内の病院」などとこだわりを持って探すとすればかなり難しくなります。更に高収入を望むとなれば尚更。そんな場合には転職エージェントに相談しましょう。難しいとは言え、彼らのサポートがあればきっと条件通りの転職先を見つけることができるでしょう。

高収入の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師の高収入求人まとめサイト All Rights Reserved.