地方の高収入求人は訳あり案件?

薬剤師高収入求人TOP >> 転職ポイント >> 地方の高収入求人は訳あり案件?

地方の高収入求人は訳あり案件?

薬剤師の中には、地方都市での求人の収入や待遇の良さに惹かれる方もいます。地方では、東京や大阪などの大都市では考えられない魅力的な条件で働くことができるからです。地方での薬剤師勤務を考える際に覚えておくべきことは何でしょうか。

東京や大阪などの都心部では薬剤師の人数も多いため、年収が大幅にアップすることは余り期待できません。薬剤師の平均年収とされる約500万円前後で求人されるのが一般的です。しかし地方での薬剤師求人では、基本的に年収600万円以上です。中には引っ越し費用負担、車や住宅も用意されている病院や薬局もあります。好条件なので転職も考えますが、条件が良すぎるために何か理由があるのではないかと迷ってしまいます。

地方都市での薬剤師求人が好条件であることには、幾つかの理由があります。一番の理由としては薬剤師が不足していることです。薬科大学や薬学部があるのは都市部がほとんどです。そのため、大学卒業後も地元の病院や薬局に戻ることなく、そのまま都市部に住んで薬剤師として働く薬学生が多くいます。そのため地方ではなかなか薬剤師不足を解消することができません。

もう一つは生活環境や職場環境ゆえに、薬剤師が集まりにくいということです。地方都市、特に僻地や離島になると都市部の生活とは大きく異なります。都会の生活に慣れている若い薬剤師にとっては、交通の便や遊びに行ける娯楽施設がないなどでストレスを感じる環境かもしれません。また職場環境としては、都心部のように薬剤師としてスキルアップができるような研修制度や病院設備なども余り期待できません。

しかし、薬剤師として地方都市で勤務するからこそのやりがいもあります。都心部に比べると人とのつながりが増えるため、患者さん一人ひとりと向き合いコミュニケーションを取りながら仕事をすることができます。また薬剤師不足とされている僻地などで勤務すると、地域の方々からとても感謝され、自分の仕事により一層真剣に取り組む動機づけともなります。

条件が良すぎるために、何か裏があるのではないかと考えてしまいますが、仕事量は処方箋枚数が1日約40枚程度ですので、通常の調剤薬局と同じ程度の仕事量と考えられます。田舎の生活を経験したいと考える方や、生活の不便さもストレスにならない方にはお薦めの求人です。しかしまずは転職前に、異動先の病院の様子や生活環境などをよく調べておくことが大切です。可能であれば実際に現地に下見に行ってみるのが最善です。

高収入の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師の高収入求人まとめサイト All Rights Reserved.