企業の高収入求人なら

薬剤師高収入求人TOP >> 転職ポイント >> 企業の高収入求人なら

企業の高収入求人なら

薬剤師の就職先として然程多くはないものの、実は最も高収入を得られる職場が、製薬会社などの企業です。ただし本来の薬剤師の仕事とはかなり離れたものになることが多く、その資格を活かした仕事がしたい人にとっては疑問の残る職場となってしまいます。調剤や処方という本来の仕事にこだわらず幅広い世界で活躍したい人、とにかく高収入を目指す人にはお勧めの職場でしょう。

企業での薬剤師の仕事には、営業や治験、研究開発といったものが挙げられます。これらの中でも最も薬剤師の仕事からかけ離れているのが営業で、実際この職に就くのに必ずしも薬剤師の資格は必要とされていません。その業務内容は医師や他の薬剤師に対して自社で開発した薬についての情報を提供したり新薬の宣伝を行ったりする営業活動で、MR(医薬情報担当)と呼ばれています。営業といっても売り込みというよりは情報提供という意味合いが強く、自社が開発した医薬品を正しく使い副作用を減らすために働きます。多少薬剤師としての薬学の知識が役立つこともあるかもしれませんが、どちらかというと営業職に向いている人にお勧めの仕事です。

これに対し、治験の業務内容は少なくとも薬学や医学の知識が必要とされるものとなります。自社で開発した新薬を志願者に試してもらい、そのデータをまとめて厚生労働省に認可してもらうことを目的として働きます。更に研究開発という分野になると、これは薬剤師の中でも非常に高収入になります。新卒であれば大学院を出ていることが殆ど必須と言えますし、中途採用であってもスキルと専門知識を持つ実績のある薬剤師に絞られるでしょう。その上研究開発においてきちんと成果を出せるようでなければリストラや転勤の可能性もあるため、安定した仕事とは言いがたいかもしれません。しかし大手企業でその実力が認められれば、年収1000万円以上の可能性も十分にある分野です。

このように、高収入という観点で言えば最も理想的な職場が製薬会社などの企業なのですが、前述の通り求人の数としてはそう多くないのが現状です。ですから企業への転勤を考えているなら、転職エージェントにサポートを依頼する方が近道でしょう。薬剤師を募集している企業の中には優秀な薬剤師だけに絞って採用を考慮したいと考えているところも多く、そのようなところは非公開で求人します。エージェントなら非公開の求人情報にも詳しく、適切な求人を紹介し就職までをサポートしてくれますから、企業への転職の成功率がグッと高まるでしょう。

高収入の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師の高収入求人まとめサイト All Rights Reserved.