ドラッグストアの高収入求人なら

薬剤師高収入求人TOP >> 転職ポイント >> ドラッグストアの高収入求人なら

ドラッグストアの高収入求人なら

病院や調剤薬局など薬剤師が働く職場は色々ありますが、中でも製薬会社に次いで高収入が期待できるのがドラッグストアです。ドラッグストア勤務の薬剤師の求人は非常に多いのでそんな身近なところが高収入だとは意外に思うかもしれませんね。長く続く健康と美容ブームに加え、最近のドラッグストアでは医薬品・医薬部外品・健康食品以外にも様々な商品を扱うようになり、しかもディスカウントで販売する大手チェーンが増えたため、都心部は勿論地方にも複数のドラッグストアが展開するようになりました。そして医薬品を扱う店舗には必ず薬剤師が常に居なければならないことが薬事法によって定められているため、至るところでドラッグストアの薬剤師求人を見かけるというわけです。

ドラッグストアで働く薬剤師の主な仕事は、来店するお客さんの症状や体質などを考慮したうえで最も適した薬を紹介し、どのように使用すべきかを丁寧に指導することです。場合によってはサプリメントや化粧品を紹介したり、症状を改善する為にできる生活習慣や食習慣に関するアドバイスをすることもあります。健康や美容に関する悩みがあるものの医療機関に出向くほどではない人、医療機関をできるだけ避けたい人にとっては、身近に健康相談ができるアドバイザーとなるのがドラッグストアの薬剤師なのです。

また医薬品の陳列や管理も薬剤師の責任下にありますが、加えて在庫確認や商品発注、店や商品の宣伝、接客など店の売り上げのために行うべき業務もあり、変化に富んだ業務内容をこなしていく必要があります。その反面、大抵のドラッグストアには調剤室を設置していない為、薬剤師本来の仕事である薬の調剤には殆ど関わらない場合が多いでしょう。本来の仕事以上に他の業務が多いことで徐々に不満や疑問を持ち始めた薬剤師が、調剤薬局や病院への転職を考えるようになるというパターンも珍しくありません。ところがドラッグストアに長年勤務していた人が、そこからより専門性の高い病院や薬局を目指すのはそう簡単なことではないのが現実です。

しかし収入面だけで考えれば病院や調剤薬局などより高収入で、平均年収は400万円〜700万円が見込まれます。特に大手のドラッグストアになると福利厚生が手厚く、トータルして考えるとかなり待遇の良い職場であることが少なくありません。更にその店長クラスになると年収は700万〜800万円を超えることもあります。多くのドラッグストアではこの管理者への昇格が30才代で決まるようですので、この年齢にある人は今の自分の年収と比較してみて転職するかどうかを決めるというのも一つの方法でしょう。

高収入の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師の高収入求人まとめサイト All Rights Reserved.