薬剤師が高収入を得るには

薬剤師高収入求人TOP >> 転職ポイント >> 薬剤師が高収入を得るには

薬剤師が高収入を得るには

現在薬剤師の平均年収は約500万円。一般的なサラリーマンの平均年収は400万円強ですから、これに比べるやや高収入と言えるかもしれませんが、難しい国家試験を突破して得た国家資格であり、人々の健康や命に関係する医薬品を扱う仕事であることを考えるとやや給与に不満が残るという人も少なくありません。中には勤務歴が長く経験を積んできたにも関わらずそれに見合うだけの給与アップが望めない職場さえあり、そのようなところで働く薬剤師はもっと収入の良い職場へ転職したいと思って当然と言えるでしょう。では薬剤師が高収入を得るにはどうすれば良いのでしょうか。

一つ確実に言えることは、基本的に都市部よりも地方に行くほど給与は高くなる傾向にあるということ。これは薬剤師だけでなく看護師や美容師その他様々な専門職に言えることで、都市部では余り気味でも地方では全体的に専門職を手がけることのできる人が不足しているからです。当然薬剤師の数も足りませんから、就職してもらうためにはどうしても給料を高めに設定しなければならないのです。従って地方と都市部では最初から年収が50万円〜100万円ほどの開きがあります。

また地方では就職後年収が伸び悩むのではと心配する人もいるかもしれませんが、これは職場によりけりで、都心部であっても年収が上がりにくいところもあれば地方でも大幅に年収が上がるところもあるので、要は職場の選び方次第と言えます。高収入を目指して転職するのであれば、地方で職場を探すというのが手っ取り早い方法かもしれません。

しかし中には家族がいたりその他の理由で地方へ引っ越すことは難しいという人もいることでしょう。では都市部で高収入を得ることは不可能なのかと言うと、勿論そうではありません。都市部で働く人の中にも年収600万円〜800万円を稼ぐ人は少なからずいます。そのような人たちの多くは、知識やスキル、経験を積むことで他の薬剤師ではできないようなことができ、企業やお店の利益に貢献できることを実証してきた人たちです。例えばスタッフの管理などのマネジメントや医師との折衝など、薬剤師としての能力にプラスアルファして特別な能力のある人は重宝されそれが収入に反映されます。管理薬剤師になれば役職手当として年収50万〜100万円が上乗せされる職場も少なくありません。しかし地方と比べると薬剤師の量も質も潤っているのが都市部ですので、その中で重宝される薬剤師になるにはそれだけの努力が求められますし、その立場を維持していくためにはその努力を続けていくだけの精神力や向上心も求められることになるでしょう。

高収入の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師の高収入求人まとめサイト All Rights Reserved.