病院の高収入求人なら

薬剤師高収入求人TOP >> 転職ポイント >> 病院の高収入求人なら

病院の高収入求人なら

より本来の薬剤師としての仕事に近く、尚且つ他の職場と比べてハードな病院勤務ですが、実はそれに反して収入は全体平均から見てやや低い傾向にあります。それでとにかく高収入を第一条件に考えるなら病院はお勧めではないのですが、それでも一部の病院勤務薬剤師はかなりの高収入を得ています。

どういうことかと言うと、国立病院や公立病院で公務員として働くということ。同じ病院でも公務員であればそれに準じた給与となるため、結果的に民間より高収入になることが多いのです。初任給の時点では民間病院の方が高額を提示しているかもしれませんが、その後昇給が伸び悩むのに対し、公務員として働く薬剤師は勤務年数と共に確実に昇給し続け、尚且つ手厚い福利厚生や手当てを受けることができるため、トータルすると民間を遥かにしのぐ年収になると期待できるのです。

しかし公務員薬剤師として働くためには、当然薬剤師国家試験だけでなく公務員試験にも合格しなければなりません。公務員試験の受験年齢制限は大体30才くらいまでとなっているため、目指すのであれば早めに準備する必要があります。気になる試験ですが、殆どの場合教養試験・専門試験を行う1次試験と、論文試験・面接行う2次試験とに分かれており、特に1次試験は自治体によってそれぞれの特徴があるため予めリサーチしておく必要があるでしょう。1次試験で基準値に到達するのは必須ですが、公務員の場合社会性や地域での信頼度が求められる為、2次試験の面接はより重要視される傾向にあります。

見事1次試験・2次試験ともに合格すれば晴れて公務員として登録されるわけですが、その時点で望めば国立や公立病院への勤務が内定するわけではありません。公務員の資格を取った上で、院内で勤務できる薬剤師を募集している国立・公立病院を探し応募する必要があるのです。

実際のところ、民間病院の求人と比べると国や自治体が経営する病院の薬剤師募集は非常に少ないと言わざるを得ません。病院の数自体が民間と比べて圧倒的に少ない上に、安定していて収入の良い職場に募集が集中するのですから当然のことです。しかしそもそも競争率の高い公務員の中にあって薬剤師はまだ比較的希望者が少ない職種でもあります。また転職エージェントにサポートを依頼することで転職の可能性はぐっと上がります。彼らの求人情報網から本来では知りえないような求人が見つかる場合もありますし、採用されるためのアドバイスやサポートも受けることができます。確かにハードルは高いものの、そのようなサポートがあれば不可能な話ではないのです。

高収入の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師の高収入求人まとめサイト All Rights Reserved.