海外の薬剤師も高給?

薬剤師高収入求人TOP >> 転職ポイント >> 海外の薬剤師も高給?

海外の薬剤師の給料は比較的高くなっている

働く地域や職種によっても異なりますが、日本の薬剤師の年収は約500万円前後とされています。大学病院などの教授クラスになると年収1,000万円も可能ですが、年収1,000万円クラスの薬剤師は決して多くはありません。一方で海外に目を向けてみると、薬剤師の年収はかなりの高収入になっています。

アメリカでは「最も信頼される職業」として薬剤師は勤務しています。多くの人からの信頼を勝ち得ているので、平均年収は1,000万円を超えています。なぜここまで日本の薬剤師と年収に差があるのかは、医療制度に理由があります。基本的に欧米諸国では医療費が高額であり、保険も任意加入です。つまり病気になると、高額医療費を全額自己負担する必要があります。そのため、国民の多くは自分の健康は自分で管理するという、セルフメディケーション意識を持っています。病院のお世話になるより、ドラックストアにいる薬剤師に頼ることが多いのです。

アメリカの薬科大学でも、即戦力のある薬剤師を育てるために多くの実地研修を組み、病院や薬局で最新の薬学を活用している薬剤師から直接学ぶ機会が数多くあります。大学卒業後は、すぐに医療の第一線で働くことができるだけの知識と専門性を学ぶことができます。その実力ゆえにもアメリカでは薬剤師が高収入を得ることができています。

できるなら、薬剤師として海外で働いて高収入を得たいと考えている方もいるでしょう。収入面だけではなく薬剤師としての考え方や専門知識、技術に関しても貴重な経験をすることができます。結果として、広い考え方や柔軟性を兼ね備えた薬剤師に成長することも可能です。

アメリカをはじめ海外で薬剤師として働くためには、それぞれの国の薬剤師資格が必要になります。つまり日本で薬剤師の資格を持っていても、海外に行けば再度資格取得が必要です。そのためには現地の薬科大学に通い、卒業が求められます。基本的には英語の授業になるので、語学力も求められます。日常会話も必要ですが、医学に関する専門用語、薬品名、医師や看護師とのコミュニケーション能力も求められます。そして、労働ビザを取得することで薬剤師として働くことが可能になります。

海外で薬剤師として働くことは決して簡単ではありませんが、仕事がはじまると高収入を得ることができます。そして日本の医療現場で学ぶ以上の専門性豊かな知識や技術、先進医療を肌で感じることができます。海外ゆえの苦労が多い分、やりがいや充実感に満ちた日々を送ることができます。

高収入の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師の高収入求人まとめサイト All Rights Reserved.