薬剤師業界の今後の給料について!下がる?上がる?

薬剤師高収入求人TOP >> 転職ポイント >> 薬剤師業界の今後の給料について!下がる?上がる?

地方部や高齢者医療の分野では今後も給料が上がっていく

薬剤師の平均年収は約500万円から600万円で推移し、常に高水準を維持しています。その理由の一つに薬剤師不足があげられています。しかしここ数年は、大学薬学部6年制に移行後の卒業生も就職し、薬剤師の供給過剰も囁かれています。

現在でも薬剤師の収入は決して安いわけではありません。都心部のドラックストアや調剤薬局などでも時給1,500円から2,000円程度の求人案件は珍しくありません。高収入の理由の一つは人材不足です。都心部では働いている薬剤師の人数も多いですが、薬剤師の需要はそれ以上にあります。最近はドラックストアに併設される調剤薬局もあり、24時間営業の店舗などでは常に薬剤師が勤務していることが必要になっています。大手のドラックストアは新店舗が増えているので、今後もドラックストアで勤務する薬剤師の需要は続くと考えられています。

一方で医療機器の開発や進歩によって、調剤・製剤業務が自動で行えるようになっている薬局もあります。機械化が進むと薬剤師よりも効率よく正確に調剤ができるため、調剤薬局などでは薬剤師の求人が減るのではないかと考える専門家もいます。

様々な見解がありますが、ここ数年の薬剤師の年収は約500万円から530万円程度のほぼ横ばいに推移しています。確かに薬剤師の人数が増加していることや、機械化が進んでいることは事実ですが、それ故にすぐに薬剤師の年収が下がるとは言えません。今後、薬剤師が必要とされる分野で働くことができれば、年収をアップも可能です。

高齢化社会が進む日本では、今後は在宅業務のある薬局で働く薬剤師が注目されています。高齢のために薬局まで来られない患者さんに対して、医師の処方箋に沿って調剤・製剤し、患者さんの自宅に行き、そこで服薬指導をし、患者さんの薬剤管理を行うことになります。

地方都市ではまだまだ薬剤師不足が解消されていません。そのため、現在でも都市部と比較してみると東京や大阪などの薬剤師が多くいる地域よりも、北海道や九州地方では高収入での募集が多くあります。今後もこの地域偏在をすぐに解消することは難しいと考えられます。現在よりも高収入で働くことを考えるならば、地方都市での転職も考えてみることができます。

今後の薬剤師の年収は勤務する地域や業種により差が出て来ると考えらます。働きやすい都市部ではそれほど年収が上がることは期待できません。しかし地方に目を向けるならば年収アップも可能です。今後は在宅業務など高齢者医療などに関わる薬剤師の活躍が期待されます。

高収入の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師の高収入求人まとめサイト All Rights Reserved.