調剤薬局の高収入求人なら

薬剤師高収入求人TOP >> 転職ポイント >> 調剤薬局の高収入求人なら

調剤薬局の高収入求人なら

国家試験を無事突破して薬剤師となった人の多くは、ドラッグストアか調剤薬局へ就職します。どちらも医薬品を販売しているという点では同じなのですが、調剤室で薬を調剤するという薬剤師本来の仕事ができるのは調剤薬局の方で、ドラッグストアでは既に商品として完成された医薬品を販売するのみという点が大きく違います。そして意外なことに、より専門的で薬剤師本来の仕事をしているはずの調剤薬局の方が、ドラッグストアと比べると収入が低い傾向にあります。したがって単に高収入だけを目的に転職を考えるのであれば、調剤薬局よりドラッグストアの求人を探すことをお勧めします。

収入面だけで考えるとドラッグストアの方が有利であるとはいえ、やはり薬剤師としての知識を生かした本来の仕事がしたいと思う人にとっては調剤薬局への勤務の方が好ましいでしょう。また製薬会社などが企画する勉強会に参加するチャンスもあるため、薬学や医学の知識やスキルアップが望めるのもメリットです。調剤薬局での主な仕事は患者さんが持ってきた医師による処方箋に従って薬を調剤し、その使用の仕方について患者さんに指導するというものですが、時には医師による処方に不備があってその点を医師に問い合わせる疑義紹介というややハイレベルな仕事もしなければなりませんから、専門知識は勿論のこと、高いコミュニケーション能力も求められることになります。

しかし前述したとおり、調剤薬局に勤める薬剤師の悩みの一つは、長年勤めていてもなかなか年収がアップしないということです。同じ職場で働き続けていると何か大きな変化によるきっかけでもなければ給与面での見直しがなされず、そして調剤薬局ではそのような「大きな変化によるきっかけ」が起きることは殆どないからです。もし同じ職場で昇給を望むなら、経験と実績を積んで管理薬剤師になることをお勧めします。同じ調剤薬局でも管理薬剤師という役職であれば高収入を期待することができ、もし職場が大手チェーンの調剤薬局であればそこから本社へ栄転、運営や企画に携わるという可能性もあります。

しかしもっと手っ取り早いのは、高収入を提示している他の調剤薬局へ転職するという方法でしょう。今の職場ではなかなか昇給しない場合でも、ある一定年数同じ薬局で勤め続けて知識やスキル、経験を積んでいるのであれば、そのような薬剤師を必要としている薬局は少なくありません。転職エージェントにそのような強みをアピールして高収入の職場を探してもらえば、意外と簡単に見つけることができますよ。

高収入の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師の高収入求人まとめサイト All Rights Reserved.